2012年 07月 01日

シロスジツトガ



玄関のドアに張り付いていた、2cmくらいの細長い蛾です。

シロスジツトガ
b0213423_22111889.jpg

[PR]

# by saladburnet | 2012-07-01 22:13 | 自宅の庭
2012年 06月 30日

コガシラアブ科



背中が丸く隆起しています。コガシラアブの仲間かと思います。
b0213423_22334169.jpg


コガシラアブ科について、詳しく解説されているサイトを見つけられないのではっきり同定できませんでした。


背中のコブ状の隆起という特徴をを捉えた分類ではなく、頭が小さいことからコガシラアブと分類されているそうです。
[PR]

# by saladburnet | 2012-06-30 22:45 | ひろしま市民の里@安佐
2012年 06月 29日

ササグモ



節足動物門鋏角亜門(きょうかくあもん)クモ綱クモ目ササグモ科。

蜘蛛の巣を張らずに動き回って捕食する蜘蛛だそうです。
b0213423_2252552.jpg



それにしてもこんなにトゲトゲだらけの足で、よく歩けるねぇ。

たくさんの針で身を守っているのかなぁ。だってこんなの食べたら喉に針がたつものねぇ。誰も食べようなんて思わないよねぇ。
[PR]

# by saladburnet | 2012-06-29 22:24 | アウトドア
2012年 06月 28日

生きること



イチモンジチョウよ、こんなにぼろぼろになっても頑張って飛んでたね。
b0213423_21534737.jpg


何があったか知らないけど、そんなことで凹んだりしないんだよね。

ただ命の限り生きている。
[PR]

# by saladburnet | 2012-06-28 22:03 | アウトドア
2012年 06月 27日

よいしょ よいしょ



それって、巣に持って入れる?
b0213423_2254880.jpg

[PR]

# by saladburnet | 2012-06-27 22:54 | アウトドア
2012年 06月 26日

今日の庭で見つけた虫たち



カメラを持って庭に出て、しゃがみこんでジーッと虫を探すこと30分。

たくさんの虫を見つけましたよ。


自信を持って同定出来ないものが多いので、“?”がいっぱいです(笑)


セマダラコガネ
b0213423_21571038.jpg

ヒメカノコテントウ
b0213423_21575396.jpg

b0213423_21584516.jpg

シラホシカメムシ
b0213423_2159355.jpg

ツヤマルシラホシカメムシ?の幼齢
b0213423_2216088.jpg

アオイトトンボ?
b0213423_220389.jpg

キイロテントウ幼虫
b0213423_2213145.jpg

クサギカメムシ幼齢
b0213423_2232045.jpg

ブチヒゲヘリカメムシ?
b0213423_2243477.jpg

ナガカメムシの仲間
b0213423_2254116.jpg

不明のカメムシ幼齢
b0213423_2264884.jpg

エグリトラカミキリ
b0213423_2293748.jpg

b0213423_22101769.jpg

そして最後は、赤いウンカの仲間かな?肉眼では形がわからないくらい小さな虫でした。2㎜くらい。
b0213423_2213536.jpg


一生懸命調べましたが、限界・・・疲れました~。
[PR]

# by saladburnet | 2012-06-26 22:20 | 自宅の庭
2012年 06月 25日

キイロテントウ



ドナルドダック?
b0213423_21131235.jpg

[PR]

# by saladburnet | 2012-06-25 21:16 | 自宅の庭
2012年 06月 24日

クワヤマハネナガウンカ



b0213423_1213506.jpg

昨日UPした、翅が長くてセミのような腹、ごんぶとの触角をした虫の正体が判明しました!


節足動物門・昆虫綱・有翅昆虫亜綱・カメムシ目(半翅目)・ハネナガウンカ科・クワヤマハネナガウンカ(学名:Zoraida kuwayamae)



いきものみっけというサイトでも教えて頂き、ブログに訪問して下さる方からも調べてコメントして頂きました。本当に感謝感謝☆有難いことです。


で、このハネナガウンカ科、私は初めて知りました。

ハチやアブの仲間を一生懸命探していたので見つからないはずです。


このクワヤマハネナガウンカは調べてみるととても希少なものらしく、いくつかの都道府県で絶滅危惧種にしていされているようです。

ちなみに、私が住んでいる広島県のレッドデータには掲載されていませんでした。



気を付けて目を凝らして生活していると、たくさんの生き物に出会います。

しかも遠くまで足を運ばなくても自分の生活圏でまだまだ知らない珍しいものに出会えることがしょっちゅうあります。


全く知らなかったものをまた一つ知りました。自分の世界がまた広がりました。その嬉しさは病みつきになります。


毎日のあわただしさの中でも、そんな驚きや感動で心を潤しながら、一日一日が過ぎていきます。
[PR]

# by saladburnet | 2012-06-24 14:14 | 自宅の庭
2012年 06月 23日

Give Up 

  

この虫がいったい何という虫なのか、知っておられる方教えて下さい!

知っておられない方、調べて教えて頂けないでしょうか?(笑)


昨夜息子が、網戸にとまっているのを見つけました。

もう何時間も調べていますがさっぱりわかりません。(疲)

いきものみっけというサイトにも、「Give Up」というタイトルで投稿しましたが、そこでも判明しません。



b0213423_2355831.jpg

ハエくらいの大きさで、翅が体長の3倍くらいあります。腹がまるでセミの腹のようです。

三本の白い筋が入った背は丸みを帯びているように見えます。

そして目の向こう側から伸びているのはいったい何?触角??すっごく太いんだけど~。


b0213423_23284015.jpg

八の字に広げた長い翅は、徐々にではなく途中から急に広がっていて、あとは平行な太さ。

波形の模様を描いて上半分が黒いのです。

裏から見ると、葉脈のような筋の一部分が赤い色をしています。
b0213423_23214847.jpg



どうしてもこの虫が何なのか知りたいのです。どなたか教えて下さい。(人*′Д`*)オネガイシマス。
[PR]

# by saladburnet | 2012-06-23 23:30 | 自宅の庭
2012年 06月 22日

息子からのプレゼントは



息子から、仕事中に見つけたという虫の写メールが届く。

それがとても珍しいもので驚き。


まず6月13日。

「蜂みたいなハエみたいなんおったけあげる」と届いた写真がこれ。

ワイモンヒメヒロクチバエ(仮称)
b0213423_22451788.jpg

ヒロクチバエ科の一種だが、正式な和名が未だ決まっていないという、もちろん初めて見る珍しいもの。


そして今日6月22日。

「プレゼント」と送ってくれた写真。「モノサシトンボだね」と返信した。
b0213423_22574712.jpg

ところが帰宅した息子が、「今日のは結構珍しいトンボらしいよ」と言う。

「前に送ってくれたモノサシトンボだよ?」と私。

「でも足が違うよ?」と言いながら息子がもう一度見せた写真をよく見ると、なんと、
b0213423_2304461.jpg

足が白くて太い!

「え~!?なにこのトンボの足、モノサシトンボと違うじゃん!」


6本ある脚ののうち、中・後脚の4本が白く太い。

調べるとこのトンボは、軍配状に広がるその足が特徴の、モノサシトンボ科のグンバイトンボという名のトンボだった。

グンバイトンボ・・・初めて見たし初めて知った~。息子よ、よくやったぁ~!と喜ぶ母だった(笑)
[PR]

# by saladburnet | 2012-06-22 23:26 | アウトドア